こんばんは、Eruです。

ハンドメイド作家の憧れブランドタグ!
実はバッグ教室でデザインコースに進学する際に革タグを作っていただきました。
ただ、結構大きいタグなので、使いどころを選びます。
シンプルなタグも欲しいのでプリントタグを作りたいなーと制作してくれるところをいろいろ探しました。が、思うような質と色のタグテープになかなか出会えず…

そんなわけで「ないなら作ればいいじゃない」のハンドメイド精神を発揮し、自分で印刷することにしました。
今回は家庭のインクジェットプリンタで印字できる布で作ってみることに。
それがこちらの布。「布プリ」です(`・ω・´)
tag_01

さっそく印刷。データはWordのラベル差し込み印刷で作りました。
あとで切りやすいように枠線もつけてます。
tag_02

印刷が終わったら30分ほど乾かしてからアイロンをかけます。
アイロンをかけることでインクが落ちにくくなるそうです。
このままだとインクが布目に残っているそうなので台詞から剥がして手洗いします。
 インクジェットは水に弱いので少し不安でしたが、インクが滲むことはありませんでした。
tag_04

 水気を切り、アイロンで皺を伸ばします。
tag_05

最後に枠線で切って端を折ればいよいよ完成です!
じゃーん!
tag_06

買う前は安っぽくならないか心配でしたが、インクのムラもないしリネンもいい雰囲気で満足です(*´艸`)
A4サイズ2枚入りで、小さいタグ(4.5cm×1.5cm)が40枚、大きいタグ(4.5cm×2.5cm)が30枚作れました。
大きいタグは小さく英語のフレーズを入れていますが、潰れることなく綺麗に印刷できています。

ちなみに私が買ったのはリネンの「のりなし布タイプ」。
生地はコットンとリネンがあり、コットンはのりなし布タイプ以外にアイロン接着タイプとシールタイプがあります。
お子さんの幼稚園グッズの名入れに使う場合が多いみたいなので、手芸店ではワッペンの置いてある辺りを探すと見つかると思います。

タグを作る以外にもオリジナルの布とか作るのも楽しそうですね。
今回はA-oneの製品を使用しましたが、プリントできる布は他にもあるようなので、そちらでもタグを作ったらまたレポをしたいと思います。
さて、タグを付ける作品を作りましょう。

2015/12/1追記
Wordでタグデータの作り方を知りたい方はこちらの記事もどうぞ↓
布プリでオリジナルタグの作り方(テンプレ配布)

ランキング参加中です。
応援のクリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ